Diploma Review 2011

hdr11_01hdr11_03
hdr11_04 (1)
hdr11_05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道卒業設計合同講評会 2011

2010年3月25日~3月27日 北海道大学 遠友学舎・学術交流会館

審査員
五十嵐淳(五十嵐淳建築設計/北海道組アドバイザリー)
永山祐子(永山祐子建築設計)
長谷川豪(長谷川豪建築設計事務所)

審査結果
最優秀賞:「Record」/ 佐藤公哉(北海道大学)
優秀賞 :「線状のアリア ~墓と共に相対化する外部~」/ 永田敦(東北大学)
優秀賞 :「身体譜 -大野一男「ラ・アルヘンチーナ頌」における身体表現の衣服的・建築的空間記述-」
/ 柿林政孝(札幌市立大学)
五十嵐賞:「overflow -大須商店街に面して住まう-」/ 後長奈苗(名古屋工業大学)
永山賞 :「森の境界 ~北海道工業大学学生寮~」/ 山下竜二(北海道工業大学)
長谷川賞:「我路 preserved garo」/ 三本木佳那(北海学園大学)

会場:(展示)北海道大学 遠友学舎・(講評)北海道大学 学術交流会館
日時:2010年3月25日~3月27日
スケジュール:
25日 作品展示
26日 作品展示 / 一次審査~最終審査~表彰・総評
27日 作品展示

主催:建築学生同盟北海道組 / 協賛:総合資格学院 / 協力:北海道大学

 

「社会性と意識の多様性の場として」
北海道は地理的に「島」であり、いくらネットや情報が便利になったとはいえ、陸続きの本州に比べると不便な事が多いと今でも感じる。大人でもそうなのだから、学生はもっと不便で不利である。また学生にとって普段生活している学校でのコミュニティーが全てになりがちである。それはそれで大切なことであるが、もっと広く社会性や意識の多様性を持って欲しいと考えた活動が北海道組である。普段、雑誌の中でしか触れることの無い建築家や社会と、生々しい接点を持つことで、より多様な価値観の広がりを生むキッカケとなる。今後も多様性を持つ活動の場となっていくことに期待したい。

(北海道組アドバイザリー 五十嵐淳)

 

<受賞作品>

hdr11_prize01hdr11_prize02hdr11_prize03
hdr11_prize04hdr11_prize05hdr11_prize06

 

 

「Record」

佐藤 公哉

(北海道大学)

 

 

 

優秀賞

「線状のアリア ~墓と共に相対化する外部~」

永田 敦(東北大学)

 

 

優秀賞

「身体譜 -大野一男「ラ・アルヘンチーナ頌」における身体表現の衣服的・建築的空間記述-」

柿林 政孝(札幌市立大学)

 

 

 

五十嵐賞

「overflow -大須商店街に面して住まう-」

後長 奈苗(名古屋工業大学)

 

 

 

永山賞

「森の境界 ~北海道工業大学学生寮~」

山下竜二(北海道工業大学)

 

 

 

長谷川賞

「我路 preserved garo」

三本木佳那(北海学園大学)